スポンサーリンク

2019年01月23日

「無理!!!]と冷たくあしらった。

俺と30代既婚の同僚女性は
一生平行線を辿りそうな会話を続けていた・・・。


 30代既婚の同僚女性は電話で話したい。
 ※私の着信になぜ?出ない

 俺はそうでもない・・・。


 もはや、感覚というか?

 価値観の違いである。


 仕方ないと思うが、どうしたらよいのか?

解決策が見つけられずにいた。

お互いに解決策も落とし所も見つけられないまま、
平行線の日々が続き、ある日の事だ。



その日もLINEに着信が20件以上来ていた・・・。

俺は、うんざりしながらも
電車の乗り換えの合間に掛けなおした。
(乗り換えの合間だと、「電車が来た!」と言って自分のタイミングで切れる。)


30代既婚の同僚女性
「なぁ、何で私からの電話にでぇへんの???またLINE通話拒否の設定なん??」

俺「そうだよ!LINE通話拒否の設定というより、
  着信設定をしてないだけだから、一人だけ拒否なんじゃなくて
  LINEの通話は使わないってことだね!!」

30代既婚の同僚女性
「(LINE通話拒否の設定を)解除してや・・・私から掛けられへんのが嫌や〜。」



「だから、無理!!!」
と冷たくあしらった。


そして、まだ時間はあったが、面倒になり
「電車が来るから」と言って電話を切った。


すると・・・遂に、・・・地雷とも言うべき
あの言葉がLINEで届いた・・・。

ブログランキングに参加しているので。
「ポチっと応援をよろしく。」
にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ
スポンサーリンク
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185426839
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク