スポンサーリンク

2019年01月12日

「あえて貰うではなく、借りている」

俺、30代既婚の同僚女性に
HUBLOTの腕時計を買って貰った。


そして、昨日は?

嫁への言い訳の伏線をどう張ったか?
について書いた。

右矢印1貰ったのではなく、借りている

という形にしたのである。

これは?嫁が
俺の所有物を平気で売却するのを防ぐ意図もある。



だが、あえて貰ったではなく

「借りている」としたもうひとつの理由がある。


これは、時計をくれた
30代既婚の同僚女性は?
右矢印1ちょっと精神的に病んでる感じの女なのである。
(俗に言うメンヘラだ)


だから、「最悪、揉めたら時計を返して終わりにしよう」

と思っていたのである。

ちょうど・・・こう言われたし

http://waru.sblo.jp/article/184798908.html


「その時計?誰のものなん??」

「私が貸してあげてるだけやんなぁ・・・」


と、箱がない状態で
30代既婚の同僚女性としても、
右矢印1自分のモノだという認識でいる。



当初は、無駄な悪あがきしやがって・・・。
と思ったが、ここは考え方である。

その流れに乗る方が?俺にとってリスク回避できると気づいたのである。


・嫁にバレて売られるリスク・・・。

・30代既婚の同僚女性と揉めて返した時の
 嫁への言い訳のリスク



もし、プレゼントとして貰ったとした場合

 色々なリスクが生じてしまう可能性があるのは
 想像に難しくない・・・。



だから、「あえて貰うではなく、借りている」
という選択肢
なのである!!!


そして、嫁に?
HUBLOTの腕時計の存在がバレるのに
さほど時間は掛からなかった・・・。

ブログランキングに参加しているので。
「ポチっと応援をよろしく。」
にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ
スポンサーリンク
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185370241
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク