スポンサーリンク

2017年03月25日

意外と交渉出来る!

俺なりの
新居を安く借りるための方法について

まずは、大きいところから、
具体的に細かい交渉へ移っていく。


以前、下記の記事でも
書いたのだが・・・そもそも引越しを決めた理由が
ここが我が家ではスタート地点となる。

http://waru.sblo.jp/article/178385720.html?1490408088


で、引越し希望の新居の総額が不動産屋から提示されたら、
まずは予算感を伝える。

そして、妥協できる部分は無いか?
交渉を進めていくのだ!

まずはオーソドックスに新居の家賃交渉。

これは、引越し先の近隣の相場や築年数、
設備など他の物件と比べ、
突っ込める材料を集めておくと良い。


これは必然だが・・・。
家賃が下がると、
新居の敷金や礼金、前家賃と全体的に安くなる!!



次に敷金  ⇒これも意外と交渉出来る!   


例えば、築年数の古い家では、
ほぼ現状回復費用は不要だ。   

その場合、2ヶ月の敷金は不要だ!
(これは家賃滞納とかの時の保険みたいなものなので)   


なので?

新居を借りる際の交渉する際にはこう言えば良い。

「償却ですべて返ってこない前提で
 良いので1ヶ月に出来ませんか?」

と,聞いてみるのも手だ!


そして新居の前家賃  
⇒これは後払いが可能か確認すると良い!   


前家賃の場合、日割り計算なので、
右矢印1先に!

となるワケだが?
月末に払っても貸主にとってはどうってことない。   


ただ、借主は色々な出費が重なるため、
出来るだけ後ろ倒したい!   
(例えば、給料後にしたい!とか、ボーナス後にしたい!的な)   


これも意外と交渉出来る!

のである。

次は引っ越し業者について書こうと思う。

ブログランキングに参加しているので。
「ポチっと応援をよろしく。」
にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ
スポンサーリンク
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
posted by ワル at 11:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 引越し
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179202699
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク