スポンサーリンク

2016年06月01日

女に腹をくくられたら

長い沈黙の時間に入った・・・。

仕事後20時頃から始まった
喫茶店でのやり取りは
なんやかんやで、22時過ぎまで続いていた・・・。

話は平行線のまま・・・。

時折、嫁からの連絡
が来るも無視せざろうえない状況。

「もう少し、ゆっくり時間かけて
 俺たちのベストな方向、
 方法を考えて行こうよ!」
と言っても
聞く耳を持ってくれるはずもない・・・。


彼女は、
「この日結論を出す」
と決めていたようだった・・・。

腹を括った女は強い。
これは嫁にも感じた事であるが・・・。


そして、
「もう、いいよ!終わりにしよ!」
彼女が言った。

俺は、「分かった」
と言うしかなかった。


別れを切り出した時の彼女には
もう、さっきまでの涙はなかった。

結局今想うと、
俺は自分で結論が出せず
ウジウジ現状維持で
ダラダラ続けようとしてた
だけだったのである。

でも、いつの間にか、
本当に離婚して次に進むのもアリか?
とかなり本気で思ってる俺がいたのも事実である。

やはり女に腹をくくる時
きっと、男はかなわない・・・。

そう思った瞬間でもあった。

そして、彼女とは別れた。

が、この後、予想してない方向に
彼女は、進んでいくのである・・・。


ブログランキングに参加しているので。
「ポチっと応援をよろしく。」
にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ
スポンサーリンク
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
posted by ワル at 12:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 派手な事務員
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175514179
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク