スポンサーリンク

2017年03月30日

全くの言いなりになってしまった・・・

前の家(引越す前まで住んでいた家)にも
地味にお金が掛かるんだよな?

【前の家】
・現状回復
・日割り家賃 など


とくにこれだ・・・。
現状回復費用。。。

これはやっかいだ。
なぜなら、借主側の負担と貸主側の負担があるからだ。

また、どこまでが借主?
どこまでが貸主?

というのは契約書には記載されているが、
金額は結局・・・業者次第。

相場とかもよく分からない・・・。

しかも、住んだ期間によっても
この割合が変わってくるからやっかいだ。


そして、知識もないので、
相手の言いなりになってしまうことが多い。


実は貸主負担のものだったり、
金額が相場より高かったりしても気づかない・・・。


我が家の引越しの場合は
敷金(2か月分)を
オーバーして戻ってくるどころか?

右矢印1払わなければいけない(゜Д゜)という
状況になった。

不動産管理会社から
請求書が届いて驚いた・・・(゜Д゜)


本来はある程度事前に知識を持って
臨めばよかったのだが、
うちは嫁が対応したので、
全くの言いなりになってしまった・・・。


だから、知り合いの弁護士に見てもらい、
全て敷金内で収めてもらえるよう交渉し
事なきを得たのだが・・・。


本来、少し戻ってくるかな〜と期待していたが・・・(笑ー)

なかなか甘くないものである・・・。

ブログランキングに参加しているので。
「ポチっと応援をよろしく。」
にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

男の本音・男心 ブログランキングへ
にほんブログ村 家族ブログ 夫・ダンナへ
にほんブログ村

不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ
にほんブログ村 家族ブログ DV・家庭内モラハラへ
にほんブログ村

DV・モラハラ ブログランキングへ

スポンサーリンク

posted by ワル at 11:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 引越し

2017年03月28日

あまりに大きいものはダメだが・・・

引越しする時に重要なのが?
荷物量が大事だね。   

距離と荷物量が
引っ越し業者に依頼する時は
料金のベースになるワケで

距離は変えようがない・・・。

なので荷物量を減らす=安くなる
ってワケだね。


で、荷物については、
出来るだけ自分で運べるものは運び、

大きな荷物 (自分では無理なもの)だけに絞る!   
※引っ越し業者には大きなものだけで!と伝える!!   

ただ、当日、
トラックの荷台に余裕があれば、
意外と予定ないものまで運んでくれる!

あまりに大きいものはダメだが・・・。
※エアコンとかピアノとかは注意だが・・・多額な費用が請求されるらしい。

あっそうそう。
家はなかったんだけど

友達のとこは、
子供にピアノを習わせていたんだが・・・。
飽きちゃって
引っ越しの時処分に困っていたらしい。

いわゆる置物になっちゃってた感じ。

役所に頼んだら2万円とか請求されていたので
ここで処分する先を探したとか?

右矢印1ピアノ買取比較


2万円の処分どころか
5万円ぐらいになったらしい・・・。

ピアノの処分に困っていたら
こういったとこを使うのも手だね。


おっと話しを戻そう。


引っ越し業者の人も
ジュースを渡すなどの気遣いをすると
ほぼやってくれる!!!

そうそう心づけは
最近、禁止されてる会社も多いらしいからね。

・・・面倒な世の中だ。


最後に家具の買い替えとかは  
⇒これはブックオフやトレジャーファクトリーのような
リユース店をいくつか回るのも手だね。   

これだけで、
中古品や新古品なんかは
普通に買うよりかなり安くなる。   

そして、買い替えのものは
買い取ってもらえるので
もしくは引き取ってもらえるから   
粗大ごみの費用も節約できる!!

ってワケだね。


ブログランキングに参加しているので。
「ポチっと応援をよろしく。」
にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

男の本音・男心 ブログランキングへ
にほんブログ村 家族ブログ 夫・ダンナへ
にほんブログ村

不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ
にほんブログ村 家族ブログ DV・家庭内モラハラへ
にほんブログ村

DV・モラハラ ブログランキングへ

スポンサーリンク

posted by ワル at 11:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 引越し

2017年03月26日

引っ越し業者の選定

新居が決まったら?

次は引っ越し業者の選定だ  

でこれがまたクセものなんだな・・・。
⇒引っ越し業者の価格って実はあって無い様なもの!!   


価格変動要素としては?
時期と時間と荷物量があるワケで
引越シーズン(2〜4月、9、10月)は高い。

ので、我が家は1月に引越しをしたワケだが・・・。


中でも今時期(3月)は引越しの繁忙期と言われ
最高値なワケ
だ。


3月の場合には
新社会人や新入学などに向けて
引っ越し業者もスケジュールがパンパンだ・・・。

なので、依頼可能で
1番最安値な引っ越し業者を調べておく。

1社1社に電話とか・・・やってらんねー。


なので、おすすめは?
⇒ネットで複数社に見積りを取り、
 料金比較して交渉すると?
 値段を下げてくれたりもする!!
  
※↑も知らない人がいるが値引き交渉なしの契約は損だ。


そこでこれだ。

右矢印1引っ越し業者を比較


見積もりは10社まで無料で
一括でできるから
1分もあれば簡単に入力
できる。

料金はともかく急いでいるのさ・・・。
って場合は
引っ越し業者に予約もできるから便利だ。



それと、3月〜4月第1週の時期を外せるだけで
かなり安くなる事もある。
1週間違うと半額とか・・・(゜Д゜)


ちなみに1月のわが家の引越しは
当初の見積もりより、
10数万円安く済んだ!!


値引き交渉方法はちょー簡単だ。


一番安いA社の見積もり額を
B社に伝える。
C社に電話で伝える。


・・・・これを繰り返す。


すると?限界点まで来るから?
そしたら、
最後に「〇万円ならおたくに決めたい」
と伝えるだけだ。


ブログランキングに参加しているので。
「ポチっと応援をよろしく。」
にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

男の本音・男心 ブログランキングへ
にほんブログ村 家族ブログ 夫・ダンナへ
にほんブログ村

不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ
にほんブログ村 家族ブログ DV・家庭内モラハラへ
にほんブログ村

DV・モラハラ ブログランキングへ

スポンサーリンク

posted by ワル at 11:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 引越し

スポンサーリンク